残念ながら閉店【蒲田】ジャンラフィット蒲田西口 肉に魚介もメニューインしてパワーアップ

京浜東北・京急沿線呑み
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

今回、立ち寄ったのは以前に「肉の帝国」として紹介したジャンラフィット
西口店です。

ここのお店、知らない間にオープンしていました。
しかも、ジャンラフィットの店名の下ながら、肉だけでなく魚介もメインメニューに
入っています。まさに2大メニュー戦略です。

今回は3名で予約して訪問してきました。
コースメニューは以下です。
なかなかに期待できるラインナップです。

では、コース内容(全9品)です。
■チーズたっぷり!シーザーサラダ
■本日のおすすめ魚のカルパッチョ
■スパイシーフライドポテト
■貝の白ワイン蒸し
■4種のきのこのアヒージョ
■焼きたてパン盛り合わせ
■ハラミステーキ&大沼牛のステーキ
■ダシが効きすぎて困る!本日のパエリア
■本日のデザート

+飲み放題!(笑)。

しめて、@4,500円/1人のコースだったと思います。

スポンサーリンク

いざ集合場所のお店へ。

蒲田駅を西口側へ降りてドンキの脇道の商店街を工学院方向へ足を進めます。
広くはない道ですが、構えているお店は面白い。いつかは色々探検してみたいと思っています。
ちょうどこの飲食街が終わる手前にお店はあります。
ちなみに、ここのビルはその他にも美味しいお店があります。


これがお店のかんばん。
東口のジャンラフィットも美味しくてCPが良いので新店訪問と言う割には
ハズレを想定してのプレッシャーもなく気軽な気分です。

しかもこの肉の帝国のお店がシーフードも取り入れたメニュー編成。
期待が持てます。

僕は、以前この手前にあった魚丁天グループが展開する「牡蠣小屋バル」が
洋食系で美味くてCPも良くお気に入りだったのですが、蒲田らしくない雰囲気と
地中海的なメニューが蒲田には受け入れられにくいのか、残念ながら閉店して
しまい次の定期訪問店舗を探していました。

今回の訪問でこのジャンラフィットが牡蠣小屋バルの後任に入ってもらえると
嬉しいと、期待をしつつ初訪問となります。

いざ、コース料理スタート

と話を進めたいところですが、まずは店内で面白い物を見つけたので一枚。

見にくいかもしれませんが、暖炉的な物。その奥にテーブル席。
店内ですが、ウッディーな感じでまとめられていています。
65席とのことで店内は広いです。これならグループで飛び込んでも収容してくれそうな
キャパを持っています。
また、この大箱感とこじゃれ感が蒲田には珍しい雰囲気でもあります。
女子受けもしそうですね。

では、パーティーいや、宴会(笑)スタートです。


まずはモリモリのシーザーサラダ。
サラダは当たり前と言えば当たり前ですが、チーズもたっぷり。
量もこの山盛り感。かなり多くて心置きなく食べられうれしいです。

そしてポテトフライ。
芋フライ大好きな僕としてはこちらもボリュームあって嬉しい。
時間が経ってもカリカリとしていていつまでも食べていられそうな食感、味です。


東口店同様のオーダーシステム。
これがあるのはとても便利です。なんせいちいち飲み物のお替りをタイミング図って
店員さんに頼む必要がないから。飲みたくなれば追加するだけでOK。
タイムリーにオーダー出来て効率的です。

そして気になるシーフードメニューの登場です。

今回のコースではこの2品。カルパッチョと貝の白ワイン蒸し。
魚は臭みもなくあっさりとした味。貝蒸しのほうは貝の旨みがほどよく溶け出していて
ほっこりした美味しさ。なかなかに美味いです。


こちらはきのこのアヒージョ。
きのこが4種かは食い気が先立ち未確認となりましたが(笑)、しっかりとした味付けで
スープにバケットを浸してモリモリといけます。


メインとなる、ハラミステーキと牛のステーキ。
こちらもさすが肉の帝国。肉自体の甘み、旨みが感じられて口の中に肉らしさが広がります。
ボリュームも充分ですが、マスタードなどを使って味を変えて楽しむこともできます。

へたなステーキハウスで出てくる筋の多い肉とはまったく違います。
僕はあまり肉肉しいレアものは積極的に食べないのですが、焼き具合も丁度よかったです。
このステーキも水で口を洗いつつその味を確かめて食べてみたほうがよいです。

そして締めのパエリア。


たしかにコースの案内文の様にダシが効いています。
チーズとガーリックライスの組み合わせも濃厚さとガーリックで奥行きのある味です。
かなり濃厚な味ですが、この頃には酒も進んでいるからこのくらいの強めの味でも
全然OKだと思います。逆に流れを踏まえてよく考えられている印象。

そして最後のデザートです。


これも見た目の華やかさもあり、ほどよい甘さでワインが進みます。
いったいどれだけ飲んだのか?
酒代を考えても満足できる価格です(笑)。

完食。コースメニューの感想は?

¥4,500円のコースとしてはボリュームもありました。
味もしっかり。間違いのない味です。
やはり蒲田にあるお店は提供価格を考えてみてレベルが高いところが多いです。

気になるトイレチェックですが、珍しいのはお店のほぼ真ん中にどかんと設置されていたところ。
なかなか無い内装配置ですが、きっと何かの都合によるものでしょう。しっかり男女別なのも、
このお店の客層対象の一つに男女ともターゲットにしていることがわかります。

客層もカップルや男性・女性グループ、ファミリー層まで幅広かったです。
幅広い客層だということは、美味しくて人気のあるお店と言うことですね。

今回は期待した魚介系には多少しか触れられませんでしたが、その味と価格は期待が
できそうです。
次回はぜひ大好物のシーフードプラッターを狙いでまた訪問したいと思います(笑)。

今日も美味しく楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ジャンラフィット蒲田西口店さん、ありがとうございました。

お店情報(訪問時の情報です)

下のリンクから食べログへ飛んで予約もできます。

関連ランキング:バル・バール | 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅

タイトルとURLをコピーしました