【有楽町】LIME デート、女子会、打ち上げに! 人気のアクアリウムダイニング

京浜東北・京急沿線呑み
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

出掛けてきたのは新橋~有楽町間、いろいろなタイプのお店が集まっている
銀座コリドー街にあるアクアリウムダイニング銀座ライム (LIME)です。

お店はコリドー街の真ん中あたり。
店舗は2階で入り口は狭いけれど、入り口にもきれいなアクアリウムと
「LIME」のnameboardが出ているので置かれているので分かると思います。

階段を上がると、ぐっと照明を落とした空間がいきなり出現します。
そして店内に案内されるとダウンライトの中に青色のアクアリウムが浮かび上がる演出。
異空間と言う感じ。いつもながらなんだかワクワクします。

そして、この水槽を縦の仕切りとしてメイン通路の左右にテーブル、個室とカップルシートが
分れる店内構成です。

まずは店内から。
いつも賑わっているので一休の店舗紹介画像からです。

出典:一休

実際にこんな感じです。
広がる水槽は全長15mとか。ここまで大きいサイズの水槽があるのは珍しいですよね。
落とした照明といいアクアリウムといい非日常を感じさせる素敵な空間になっています。

こちらは先の水槽を二人掛けの席から見た様子です。水槽の向こうがテーブル席です。
店に奥行きもあるのがわかると思います。

こちらが二人掛けシート。
写っているのがテーブルで手前がテーブルを囲むL字のソファー席になります。
落ち着ける雰囲気で酒が飲めます(笑)。

そうそう、このシートは
「カップルじゃないとマズイのか?」
と思われる方もいると思いますが、一人で来ている人も時にはいるし、
別にカップルにこだわる必要はないのではないかなと。

早速、LIMEでの酒。
この日は2軒目として寄ったので1杯目はさっぱりした口当たりのキューバ・リブレです。
写真撮るよりも飲む方が優先されて中身が減っているのはご愛敬というところで。

次につまみの選択。
メニューはいつもながらですが、興味深いものが並んでいます。
しかし、今日は2軒目。ちょこちょこと摘まめる一口盛り合わせを選択しました。

こちらです。

どうでしょうか??

と言っても、照明が暗くてわかりにくいですよね~(苦笑)。

それでメニューに書かれている写真を撮りました!

あらためて、どうでしょうか??(笑)。

こんな感じでメニューには食べるのも楽しそうな料理がたくさん並んでいます。
許されるなら、あれもこれもと財布の中を気にせずに頼んでみたいものです(笑)。

スポンサーリンク

そして今宵の感想

この日はゆったりとアクアリウムを眺めながら2杯ほど飲んで店を出ました。
僕はここは2軒目のBAR使い的な感じで最近は立ち寄ることが多いので、立ち寄る時間も
遅めなのですが、この日も合コンらしき人達や、女子会風グループ、打ち上げチームと言った感じの大人数のお客さん達が夜も更けているのに入っていて相変わらず店は賑わっていました。
年齢層も幅広く、また男性、女性客も偏りがない感じ。人気店であるのは今も変わりません。

店内はだいたい混んでいるので店の雰囲気とは違い意外とガヤガヤしていますが、
それも気にならないほどブルーのアクアリウムが輝く落ち着いた空間の居心地はかなり良いです。

値段の方ですが、全席アクアリムチャージお一人様300円 (個室のみ500円)。
それに少し高めの設定の酒や料理の価格設定となっています。安くはないです。

でも、冷静に考えれば、このすごい水槽の維持費が価格に乗っているわけで
そりゃCPがイマイチなことは最初から承知済み。
そして、この抜群の雰囲気の中で飲みと料理を楽しめるなら、それでもOKでしょう。

繰り返しになりますが、大きな水槽で泳ぐ熱帯魚たちと、お店の照明などの雰囲気が、
非常に涼しげで落ち着きます。

そう考えると少なくなったこの手のバブリーな店の中でもしっかりした作りと長年に渡り
コンセプトを変えないブレないこのお店は存在は貴重です。
また、ストレスも多い今時だからこそ、クールダウンに必要なお店だとも思います。

価格を考えるなら、グループでコースの予約がお得だと思います。
僕の大好きな飲み放題も付いていますし(笑)。
デート、女子会、打ち上げ、どんな場面でも使えるおススメのお店です。

今日も美味しく楽しい時間を過ごすことが出来ました。
LIMEさん、ありがとうございました。

お店情報(訪問時の情報です)

下のリンクから食べログへ飛びます。そのまま予約もできます。

関連ランキング:ダイニングバー | 内幸町駅日比谷駅銀座駅

タイトルとURLをコピーしました