【蒲田】志田家 まさに家系らしいコクのある家系ラーメン

京浜東北・京急沿線ランチ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
無性にこってりしたラーメンを食べたい!って思う時はありませんか?

僕は時々そんな気分になります。
そんな時、頭に浮かぶイメージは言えば、家系ラーメンと必ずSETでライス(笑)。
当たり前だけど、ラーメンもライスも炭水化物。つまりダブル炭水化物な訳ですが、
なぜか切っても切れない名コンビなのが不思議って言えば、不思議なものです。

、と言うことで蒲田で言う家系と言えば、僕の場合、飛粋や麵バカ息子あたり(→記事は下の
ブックマークから飛びます)なんですが、今回は、(言い方が的を得ているか微妙ですが)
オーソドックスな家系ラーメンを提供している志田家に立ち寄ってみました。

スポンサーリンク

志田家の家系ラーメンを食べてみる

この店は蒲田駅東口にあります。
駅前のロータリーをみずほ銀行が面している大通りに沿って歩くと歩道から少し奥まった場所に
あります。少し探しにくいかな?駅から5分ほど。
たしか歩道にのぼりが立っているハズなんでわかると思います。(記事下に地図あり)

お店を外から見るとこんな感じです。
どことなくチェーン店の様な印象を感じてしまうのは僕だけ?

しかし、以前は杉並区の阿佐ヶ谷で営業していた人気のお店らしいです。
まあ、チェーン店にしても大好きな横浜家も商売繁盛してからチェーン店化したこともあるので
チェーン店だから、という昔ながらの固定観念はよろしくないですね。

早速ですが、この日は量より味わいだったのでラーメン(並み)を選択。
幸い、ライスは無料。しかも、崩し味玉のトッピング無料。
店の奥にセルフで置いてあるので見逃しなく。

ラーメンもボリュームあるので控えめにしています。

カウンターには定番の薬味が並んでいます。こちらも定番です。
あっと、このお店はカウンターのみの形態です。

メインの昼を過ぎていたからか、席は埋まることはありませんでしたが、それでも1人、2人と
客足は途切れません。
やはり知っている人は知っているんですねー。

最初に食券を買って、全て標準仕様でオーダー。
そんなこんなで待つこと数分で、ラーメンが届きました。

どうでしょうか??

「これぞあるべき家系っていうラーメンじゃね?」と見ると思います。
大好きな横浜家と似た外観です(志田家さん、失礼!)。
まさしくオーソドックスな昔からの家系ラーメンですね。

では、家系ラーメンに欠かせない海苔、チャーシュー、ホウレン草の3種のトッピングを
見てみましょう。

まずは海苔。

海苔は風味はそれほど感じません。
もう少し海苔らしい風味が強ければスープをしみ込ませた時に海苔とスープの強い味が
ぶつかり合っていいんじゃないかと思ったりもしますが、逆に考えればスープを生かすため
海苔の個性をあえて控えめにした選択なのかもしれません。

次はチャーシューです。

これもオーソドックスな見た目、そして美味い味です。
チャーシューは一見硬そうに見えるけどホロホロ崩れるタイプです。
口の中で頬張りたいならチャーシュー麵という選択も充分考えられる出来ばえ。

そして、ほうれん草とチャーシュー、海苔、&玉子君のトッピング軍団です。
ホウレン草はやっぱり家系には絵的にも必須ですね。

先ほどの崩し味玉ライスをチョロっと後ろに見せながらのラーメン&ライスの無敵の全景(笑)。

スープは豚骨出汁の旨味、鶏油の風味を感じながらのこってり。
ファーストインパクトは強力ですが、後に引かずにすっぱり切れるあっさりなタイプ。
しっかりとした分厚いコクがあって小細工をしない(実際は当然手間かけているでしょう。)
骨太な感じです。飲めば、「うん♪家系だ!」となるハズ。

麵は中太麺。こってりスープもよく絡みます。
ズルズルといけちゃいますが、腹持ちも良いです(笑)。

御伴になるライス それぞれ個人で楽しみ方があると思うのですが 僕は普通に海苔をスープに
浸して食べました。

失敗したのが味玉を乗せちゃっていたので、シンプルにライスと海苔で楽しむことできず
味玉の味も加わってしまったこと。
せっかくのスープの味をまんまダイレクトで味わえなかったのが今回は残念でした。
この手の自分で構成を組み立てていく自由度の高いお店では、もう少し自分が楽しめるように
最初に食する進行をイメージしておいた方がよいと反省。

志田家のラーメン

食べてみて、まさしく定番。昔からの家系ラーメンを楽しめました。
次回はおろしニンニクを投入してパンチ増しでもいきたいですね(笑)。

飛粋、麵バカの個人的な職人芸とは少しスタンスが異なる気がしますが、それでもなかなかに
無い味。大好きな横浜家と同じグループの味です。

暑くて塩分不足をこれで補ったり、真冬はこれで体を温めたり、四季を通じて楽しめる
オーソドックスな味だと思います。
営業時間もお店の人は大変だけど、遅くまで開けていると言うのもラーメンと言う料理の
性格上、便利です。

幅広いジャンルのラーメン店がしのぎを削るここ蒲田駅周辺。
でも志田家はすでに固定客を取り込んで、定着している様子です。
もちろん僕もリピーターです(笑)。

今日も美味しく楽しい時間を過ごすことが出来ました。
横浜家系ラーメン 志田家さん、ありがとうございました。

お店情報(訪問時の情報です)

下のリンクから食べログへ飛びます。

関連ランキング:ラーメン | 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

タイトルとURLをコピーしました